まほろばの国から

大和は国のまほろば    奈良大好きtomoが見つけた旬の奈良などの情報を徒然なるままに!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おふさ観音 恵比須大祭

大和は国のまほろば。。。
 まほろばの国から、旬の奈良を、徒然なるままに


人気blogランキング 応援してください!
にほんブログ村もクリックしてね!

おふさ観音で、えべっさん、恵比須大祭が開催されているということで、行ってみました。
 お昼前に行ったら、駐車場がいっぱいで(^^ゞ)
 おふさ観音に着いてびっくり(^_-)-☆
 すごい人でにぎわっていました。
おふさ観音えびす4
 
 おふさ観音へ向かう途中で、生の大きな鯛を持った人大勢の人とすれ違いました。
どうも、格安で鯛の販売がされていたらしいのですが、私が着いたときには、ソールド・アウト。
↓ここがおふさ観音の中にある恵比寿神社です。
おふさ観音えびす1

この提灯が、きにいりました(^_-)-☆
おふさ観音えびすちょうちん

スポンサーサイト

綱掛神事

大和は国のまほろば。。。
 まほろばの国から、旬の奈良を、徒然なるままに


 飛鳥の「綱掛神事」が、稲渕と栢森で行われ、新しい綱がかけられているとうことなので、稲渕へ見に行ってきました。
綱掛神事は、栢森と稲淵両大字に伝わる正月神事です。
 男綱(稲渕)には男性のシンボルを象ったもの、女綱(栢森)には、女性のシンボルを象ったものがそれぞれ祭られており、毎年1月に架け替えられます。
今年は、男綱(稲渕)が、1月9日(成人の日)に、女綱(栢森)が、1月11日に、それぞれ掛け替えられました。
稲渕の男綱1

 子孫繁栄と五穀豊穣を祈るとともに、悪疫などこの道と川を通って侵入するものを押しとめ、 住民を守護するための神事といわれています。
 男女のシンボルを模して作られたこの綱が、川や道路をさかのぼって村に入ってくるという「悪疫」や「災い」を押し止めると信じられています。
 子孫繁栄と五穀豊穣を祈るとともに、悪疫などこの道と川を通って侵入するものを押しとめ、 住民を守護するための神事といわれています。
稲渕の男綱2

 神事は見に行けなかったのですが、真新しい綱を見ることができました。綱の両端は、木に結びつけられていました(^_-)-☆
片方は、柿の木です!
稲渕1


 明日香の稲渕神事については、明日香ファンクラブのサイトで詳しく紹介されていますので、是非、ご覧下さい!

まほろばの国から、旧館はこちら!

人気blogランキングクリックして応援してください!
にほんブログ村 ポータルブログもクリックしてね!

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。