まほろばの国から

大和は国のまほろば    奈良大好きtomoが見つけた旬の奈良などの情報を徒然なるままに!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

転害門の古財、河瀬家住宅の床柱に!

大和は国のまほろば。。。
 まほろばの国から、旬の奈良を、徒然なるままに


にほんブログ村 ポータルブログもクリックしてね!

 国の登録有形文化財に決まった河瀬家住宅(奈良市多門町)に、東大寺転害門の古材が床柱として転用されていることが奈良市教育委員会の調査でわかったそうです!
転害門(てがいもん)は、天平建築で、国宝に指定されています。転害門の昭和6年の解体修理で取り外され、再利用されなかったらしいです。
廃材利用といっても、すごい話ですね!

奈良新聞によると、
 河瀬家住宅は奈良奉行所の同心などが住んだ武家屋敷で、主屋は安政3(1856)年の建築。床柱は昭和17年の改修で組み込まれたといい、現当主の河瀬澄之介さんが亡父から聞いた話を奈良市教委に伝えた。

 市教委が登録に伴って調べたところ、軒を構成する地垂木(じだるき)の一本と確認。断面の形や寸法が転害門と一致することが分かった。(2006.1.27 奈良新聞)


転害門


まほろばの国から、旧館はこちら!

スポンサーサイト
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。