まほろばの国から

大和は国のまほろば    奈良大好きtomoが見つけた旬の奈良などの情報を徒然なるままに!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お水取り 本行の灯明「油量り」(2月18日)

大和は国のまほろば。。。
 まほろばの国から、旬の奈良を、徒然なるままに


人気blogランキングへ
にほんブログ村もクリックしてね!

■本行の灯明「油量り」
 2月18日(土)に、修二会で使われる灯明用の油を準備し、その量を確認する「油量り」が二月堂で行われました。
 読売新聞によると

この日は二月堂南側の出仕口に、寄進された菜種油の一斗缶7個が並び、練行衆の役職者「堂司(どうつかさ)」らの立ち会いのもと、寄進者らが三つの壺(つぼ)に油を移していった。壺には、一斗から一斗三升の油が入り、堂司が確認した後、封印した。油は本行に入ってから必要に応じて取り出し、灯明皿などに使われるという。通りがかった参拝者らは、古式にのっとった行事を、珍しそうに見入っていた。(2006年2月19日 読売新聞)
nigatudou03.jpg


2006年02月19日の朝日新聞にも、堂司らの立ち会いのもと、油を量る人たちの様子が写真で紹介されています

スポンサーサイト
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。