まほろばの国から

大和は国のまほろば    奈良大好きtomoが見つけた旬の奈良などの情報を徒然なるままに!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

修二会の本行について

大和は国のまほろば。。。
 まほろばの国から、旬の奈良を、徒然なるままに


人気blogランキングへ
にほんブログ村もクリックしてね!

修二会の本行が、3月1日から行われます。
東大寺のHPから、修二会中を通して毎日行われる行法をご紹介します。


☆六時:六時とは一日を日中から夜明けまでを六つの時に分けたもので、日中、日没(もつ)、初夜、半夜、後夜、晨朝(じんじょう)と呼ばれるものです。六時それぞれに悔過作法(これらをまとめて単に「時」とも呼ぶ)が勤められ、さらにその間に様々な法要や行事、作法が組み込まれています。

 練行衆は正午になると食堂(じきどう)において、「食堂作法」として長い祈りの後に食事をとり、引き続いて二月堂本堂に上堂します。これ以降、日によっては翌日の午前四時ころにさえなる下堂の時まで、食事は勿論水を飲むことさえ禁ぜられます。

 上堂した練行衆は先ず掃除、準備をして日中・日没の「時」を勤め、例時の間と呼ばれる部屋で阿弥陀経を読誦し、内陣に戻り観音経を読誦、初夜法要の準備をして下堂、湯屋にて入浴し、宿所にて休憩します。

 平日は午後7時に東大寺の大鐘がならされ、それを合図に「おたいまつ」が点火されます。おたいまつは合計10本ですが、そのそれぞれに練行衆が一人ずつ後ろについて二月堂本堂に上堂してゆきます。即ち「おたいまつ」は上堂する練行衆の道明かりということになります。練行衆は11人いますが、処世界という役の者は先に上堂して掃除など準備をしているので、おたいまつは10本となります。ただし、12日は7時30分から11本、また14日は6時30分からたてつづけに10本の松明があがります。

 練行衆が上堂すると、初夜の行法としてまず「読経(法華音曲)」、初夜の「時」、「神名帳」、「初夜大導師の祈り」、「初夜咒師作法」があり、引き続いて半夜の「時」、禮堂に出ての「法華懺法」が行われます。ただし、5、6、7日及び12、13、14日には「法華懺法」のかわりに「走り」が行われます。後夜になると後夜読経、後夜の「時」、「後夜大導師の祈り」、「後夜咒師作法」、さらに晨朝の「時」が勤められ、その後童子の手松明の明かりを頼りに下堂して就寝します。下堂する時間は、日によりますが、午前1時から午前4時半頃までの間となります。

nigatudou

まほろばの国から、旧館はこちら!

スポンサーサイト

今日から「惣別火」入り

大和は国のまほろば。。。
 まほろばの国から、旬の奈良を、徒然なるままに


人気blogランキングへ
にほんブログ村もクリックしてね!

 東大寺二月堂の修二会で参籠する練行衆の方々が、2月20日から行われていた「試別火(ころべっか)」の行が終わり、今日から、「惣別火」の行に入られます。戒壇院内の別火坊では、厳しい修行が続けられるようです。今日は、「貝の吹き合せ」や行中に使う糊たきが行われます。
 戒壇院内の別火坊の写真です。
ここで厳しい修行されているんだなあって思いながら(^。^)
別火坊
煙突から煙がでていました。
別火坊

「惣別火」について、東大寺のHPで、次のように紹介されています。
椿の花つけなどの写真も見ることができます。


「試別火」の期間中は、火を世間と区別することをはじめ、色々と約束事に拘束されますが、自坊へ忘れ物を取りに戻ったり、境内であれば制約はありますが外出もできます。しかしながら一旦「惣別火」に入ると、さらに制約が厳しくなってゆきます。

  「惣別火」の期間に入ると、いでたちも紙衣(かみこ)という仙花紙で作った紙の衣となり、特定の場所以外では私語も一切禁止となり、そろっての食事等以外は湯茶も自由には飲めず、所作、作法も厳しくなり、部屋の外に一つある火打ち石で点火した火鉢以外は一切火の気がなくなってしまいます。勿論外出などは論外で、部屋から出るときは屋内でさえ白鼻緒のわら草履をはき、各自一枚所持する「てしま(ござの一種)」の上以外は他の場所に座ることさえできなくなってしまいます。

 このような状況の「惣別火」期間中、練行衆は、声明の稽古、行中に使う糊たき、 二月堂内で刷るお札の紙を折る作業、ホラ貝の稽古、堂内の荘厳に使う椿の枝に造花を取り付ける作業、会中に使う法衣を身につけてみる「衣の祝儀(ころものしゅうぎ)」、行中の配役の一覧である「時数帳」の書写、等をして過ごします。

  「惣別火」は2月末日で終了し、午後、荷物がお香の煙で薫蒸され二月堂参籠宿所に運ばれた後、練行衆も行列を組み二月堂へ向かいます。


まほろばの国から、旧館はこちら!

あ-とさろん宮崎 春の山野草・苔玉展

大和は国のまほろば。。。
 まほろばの国から、旬の奈良を、徒然なるままに

人気blogランキングクリックしてね!
にほんブログ村ブログ村もよろしくね!
私の大好きなア-トサロンあ-とさろん宮崎 で、3月になると春の山野草・苔玉展が開催されます。
artkoke.jpg

この展覧会には、次のようなメッセ-ジが寄せられています。
♪どこかにひっそりとあった。。。
  どこかで見たことがある。
  そんな、ちょっと控えめな山野草を
  そっとお家の中にも飾ってみませんか?

koketama-01.jpg


 ★日 時:2006年3月1日(水)~3月10日(金)10:00~18:00
 ★場 所:〒630-8301 奈良市高畑町812
 ★問合せ:Tel&Fax 0742-23-2588
 ♪♪会期中に、苔玉の制作体験講習会も開催されます!
  ☆日 時:3月8日(水)、9日(木)、10日(金)
        朝の部 11時~12時30分
        昼の部 13時30分~15時
  ☆費 用:受講料 お1人 \3000<材料費すべて込み>
  ☆詳細は、こちらから!あ-とさろん宮崎のHPで!koketama-02.jpg

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。