FC2ブログ

まほろばの国から

大和は国のまほろば    奈良大好きtomoが見つけた旬の奈良などの情報を徒然なるままに!

飛鳥の山茶花

まほろばの国から、旬の奈良を、徒然なるままに
ブログ村!

現地説明会の行われている飛鳥。
道路沿いの生け垣(?)が、山茶花の赤い花が鮮やかです。
20070212220258.jpg

少し前にぱらついた雨のしずくが光ります。
20070212220405.jpg

差し込んできた日差しに輝く花(*^_^*)
20070212220339.jpg

少し。ピンクがかった花もありました。

スポンサーサイト

飛鳥京遺跡第157次調査現地説明会(2/11)

まほろばの国から、旬の奈良を、徒然なるままに
ブログ村!

2月11日に飛鳥京遺跡第157次調査の現地説明会に行ってきました。
かなり遅い時間にいったのですが、飛鳥は、人と車でいっぱいでした。
今回発掘されたこの大規模な石組み溝は、天武天皇の宮殿「飛鳥浄御原宮」の北端とみられています。面積は、25~30ヘクタールとみられていて、それでも藤原宮の約3割の大きさだそうです。
<東西と南北の石組溝の写真です。>↓
0211asukakyo05.jpg

今回の発掘された場所は、飛鳥浄御原宮の正殿とされる建物跡の北500メートルの田約250平方メートルのところにあります。
見つかった石組み溝は幅1.7メートルで、東西方向に長さ13メートル以上もあり、7世紀後半のものとみられています。
<斜行溝です。>↓
0211asukakyo03.jpg

飛鳥浄御原宮の最大級の排水路で、西側を流れる飛鳥川につながっていたらしい。石組み溝の北側には、同時期の遺構が見つからないため、ここが、飛鳥浄御原宮の北端の可能性が高いそうです。
<東西溝です。>↓
0211asukakyo04.jpg

現地説明会の資料は、こちらでみれます!

飛鳥時代の様子を想い描きながら、目の前にある石組みの溝を眺めてました。

該当の記事は見つかりませんでした。