まほろばの国から

大和は国のまほろば    奈良大好きtomoが見つけた旬の奈良などの情報を徒然なるままに!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

橘寺の灯台躑躅 (どうだんつつじ)

まほろばの国から、旬の奈良を、徒然なるままに
人気blogランキング応援してください!

橘寺の灯台躑躅 (どうだんつつじ)が色づいて綺麗です(11/23訪問)。
灯台躑躅の花は、 4/10頃~ 5/ 5頃に咲きます。
壷形の花で、花がつぼみからぽこっと咲き出します。
枝分かれする形が「燈台」(燈明台、または、 結び燈台、燭台(しょくだい)とも)に似ていることから「とうだいつつじ」になり、さらに次第に変化していって 「どうだんつつじ」になったと言われています。
1123tatibana20JPG.jpg

「満天星躑躅」とも書かれます。
この漢名から、白い花が咲きほころぶさまを満天の星に見立てたようです。
紅葉が、また、すっごくきれいです!
1123tatibana19JPG.jpg

境内では、真弓もきれいでした。
1123tatibana14.jpg


まほろばの国から写真館で、お気に入りの写真を紹介しています!こちらから!
ブログ村!

スポンサーサイト

橘寺の大銀杏

まほろばの国から、旬の奈良を、徒然なるままに
人気blogランキング応援してください!

橘寺の大きな銀杏の木が黄色に色づいて見事でした。
(2007.11.25訪問です。)
1123tatibana06.jpg

写真はありませんが、遠くから橘寺を望むと、ひときわイチョウの黄色が目を引きます。
本殿の修復が終わった境内は、大勢の人が訪れていました。
1123tatibana02.jpg

青空に映えて綺麗でした。
1123tatibana11.jpg

まほろばの国から写真館で、お気に入りの写真を紹介しています!こちらから!
ブログ村!

長岳寺の空

まほろばの国から、旬の奈良を、徒然なるままに
人気blogランキング応援してください!

長岳寺で紅葉を見ていたんですが、西の空が雲ってきました。
境内では、カメラマンの方お二人が、三脚でカメラを構えて良いシーンをって
ずっとねらっておられました。
陽の光が射してくる瞬間を待ち望んでおられましたが・・・
私も、残念でした。
1020yuogakuji01.jpg

紅葉を写真に撮るときは、お日様が一番のお友達です。
でも、西の空を見上げてみたら、雲がとっても綺麗(^_-)-☆
1020yuogakuji04.jpg

雲の間から光が射して。
輝いていましたヽ(^o^)丿
1020yuogakuji05.jpg


まほろばの国から写真館で、お気に入りの写真を紹介しています!こちらから!
ブログ村!

長岳寺の旧地蔵院の蔦と花

まほろばの国から、旬の奈良を、徒然なるままに
人気blogランキング応援してください!

紅葉が見事な長岳寺では、蔦が真っ赤に色づいていて綺麗でした。(11/21訪問)
蔦越しに鐘楼門を望みます。
1020yuogakui03_20071125214839.jpg

重要文化財の庫裏(旧地蔵院)の白壁に真っ赤な蔦が映えていました。
ここでは、お素麺をいただくことができます。
1020yuogakui122.jpg

旧地蔵院では、四季を通じていろいろなお花が咲いています。
今回は、紫紺野牡丹が眼をひきました。
1020yuogakui31.jpg

赤紫、黄、白とさまざまな菊が、満開でした。

おふさ観音のバラの実と花たち

まほろばの国から、旬の奈良を、徒然なるままに
人気blogランキングへ

秋のバラまつりが行われている「おふさ観音」で薔薇の実をみつけました。
1103ofusami1.jpg

境内では、いろいろな花が咲いていましたが、特にウインターコスモスが綺麗でした。
1103wincos01.jpg

シュウメイギクの白い花もあちこちで見られました。
1103ofusasyumei05


秋のバラ祭りは、11月30日まで行われます。

■おふさ観音
★場 所:橿原市小房町6-22
★問合せ:TEL 0744-22-2212 FAX  0744-25-3288
★交 通:JR畝傍駅、近鉄八木西口駅より徒歩10分 
      八木駅よりバス小房下車徒歩5分
★関係HP:http://member.nifty.ne.jp/ofusa/

まほろばの国から写真館で、お気に入りの写真を紹介しています!こちらから!
ブログ村 もクリックしてね!

長岳寺 今 ツツジ?

まほろばの国から、旬の奈良を、徒然なるままに
人気blogランキング応援してください!

紅葉のきれいな長岳寺で、季節外れのこんな花が咲いていました!
ツツジの花です!
1020sauki01.jpg


白いツツジのお花とピンクの花も咲いていました。
1020tubaki04.jpg


ピンクの椿もさいていました。
1020tubaki01.jpgorder="0" />


長岳寺は、いつもいろいろなお花を楽しめます(^_=)

■高野山真言宗 長岳寺
 ★場 所:〒632-0052 奈良県天理市柳本町508
 ★拝観時間:午前10時~午後5時 (年中無休)
 ★拝観料:大人 300円
 ★問合せ:TEL: 0743-66-1051 FAX: 0743-66-0434
 ★関係HP:長岳寺のホ-ムペ-ジ

まほろばの国から写真館で、お気に入りの写真を紹介しています!こちらから!
ブログ村!

長岳寺の紅葉

まほろばの国から、旬の奈良を、徒然なるままに
人気blogランキング応援してください!

毎年、この季節になると行っている長岳寺に今年も行って来ました。
11/21訪問です。

 長岳寺は、天長元(824)年、淳和天皇の勅願により、空海が大和神社の神宮寺として開いたといわれ、高野山真言宗の古刹です。
 かつては、その権力を誇った大きなお寺だったのですが、今は、創建当初唯一の遺構として、平安時代の端正な鐘楼門が残ります。
この鐘楼門は、日本最古の鐘楼門です。
1020yuogakui03.jpg

この時期は、毎年、10月23日から11月30日まで。本堂で狩野山楽筆の大地獄絵【重文】がご開帳されていて、ご住職の現代風絵解き「閻魔の嘆き」も行われます。
1020yuogakui06.jpg

訪問したこの日は、丁度、NHKの朝の番組、確か「お早う日本」で長岳寺の紅葉の生中継
があったと思います。
1020yuogakui08.jpg

この日は、人もまばらでいつもの静けさでした。
でもこの連休中は、すごい人出だったようです。
さすが、NHKですね。


■高野山真言宗 長岳寺
 ★場 所:〒632-0052 奈良県天理市柳本町508
 ★拝観時間:午前10時~午後5時 (年中無休)
 ★拝観料:大人 300円
 ★問合せ:TEL: 0743-66-1051 FAX: 0743-66-0434
 ★関係HP:http://www.chogakuji.or.jp/index.html

まほろばの国から写真館で、お気に入りの写真を紹介しています!こちらから!
ブログ村!

2007バーチャル飛鳥京

まほろばの国から、旬の奈良を、徒然なるままに
人気blogランキング応援してください!

「飛鳥京」の当時の姿をコンピューターグラフィックスという技術を用いて復元展示する、「バーチャル飛鳥京」が今年も開催されています。
初日の昨日(23日)に見に行ってきました。
会場は甘樫丘展望台と、伝飛鳥板蓋宮跡の2カ所で、25日までです。

写真は、伝飛鳥板蓋宮跡の様子です。
飛鳥浄御原宮の映像をで見ることができました。
a-tyaru20071121danzan33.jpg

これは、複合現実感技術という近代の発達した技術によって、かつての古代都市「飛鳥京」をリアルに復元するイベントです。
 コンピューターグラフィックス(CG)を通して、6世紀末から7世紀末にかけて飛鳥地方に置かれた都「飛鳥京」を広く知ってもらおうということがきっかけで始まったそうです。
 このシステムは、東大大学院の池内克史教授の研究チームが開発しておられます。

 バーチャルな世界を体験するには、HMDといわれるヘッドマウントディスプレイを装着します。
これです。
 ↓
a-tyaru20071121danzan32.jpg

特殊なゴーグルのようなものをつけて、見ると、飛鳥時代にあった寺院や宮殿が、現在の田園風景の中に現れます。
顔を動かすと、その向きに合わせて景色が変わるので感動です。
 a-tyaru20071121danzan31.jpg

 昨年実験に参加した様子は、こちらでみてください! 
   

■「バーチャル飛鳥京2007」 
★日 時:2007年11月23日(金)~25日(日)10:00~15:00
★場 所: 伝飛鳥板蓋宮跡 (高市郡明日香村)
甘樫丘展望台
★費 用:参加無料
★問合せ:明日香村役場総務課 TEL 0744-54-2001
★関係HP:バーチャル飛鳥京公式サイト! 

多武峰・談山神社 錦秋に映える十三重の塔再び

まほろばの国から、旬の奈良を、徒然なるままに
人気blogランキング応援してください!

紅葉の名所である櫻井市の多武峰にある談山神社に行ってきました。
2007年11月21日訪問です。
見頃となったためか、平日でも多くの人でにぎわっていて、ちょっとびっくりでした。

今年は、紅葉が少し遅いのかなっていう感じで、少し、色が浅いような気がしました。
少し曇り気味で、日差しがもう少し欲しかったですが。。
でも、とっても綺麗でしたヽ(^o^)丿
20071121danzan02.jpg

この地名。
なかなか読めないんですが。。。
多武峰・談山神社は、「とうのみね・たんざんじんじゃ」です。

談山神社では、木造としては現存する唯一の十三重の塔の修復が完成し、その美しい姿を再び見ることができます!
20071121danzan13.jpg

 40年ぶりに桧皮葺屋根替えと塔身朱塗り替えが完成し、すっかりきれいになった塔が紅葉に映えてすごく綺麗でした。
20071121danzan09.jpg

談山神社は、藤原鎌足を祭る神社です。
鎌足が中大兄皇子と蘇我入鹿を滅ぼすための謀を談じた山にあるので、この社名がついたそうです。
木造としては現存唯一の十三重塔をはじめ、三間社春日造りの本殿ほか朱塗りの華やかな社殿が立ち並びます。
境内は、桜と紅葉の名所として知られ、秋は約3000本のカエデが、社殿の朱色と競うように赤や朱色に燃え立ちます。

イチョウ

まほろばの国から、旬の奈良を、徒然なるままに
人気blogランキング応援してください!

お昼休み、お散歩していたら住宅地の小さな公園でイチョウの木が黄色く色づいて綺麗でした。
なんか急に寒くなったので、一気に紅葉が進んでいるようです。
1119ityo01.jpg

イチョウの木の根元には、落ち葉が。
お日さまの光を浴びて輝いています。
1119ityo02.jpg

少しうっとうしい空。
時折、日が射すという天気だったので。
ですが、やっぱり紅葉は、お日さまが一番のお友達です(∩.∩)
1119ityo04.jpg


まほろばの国から写真館で、お気に入りの写真を紹介しています!こちらから!
ブログ村!

「ブログの友達!写真展」

まほろばの国から、旬の奈良を、徒然なるままに
人気blogランキング応援してください!

ブログの友達!写真展」のお知らせです!

いつも、ブログで素晴らしい写真を見せていただいて、お世話になっている「namazuさん」が長年の夢を実現されて、
大阪梅田にとってもおしゃれ(^.^)
素敵な貸しギャラリー「ギャラリー アルテ スパーツィオ」を11月3日にオープンされました。

オープンを記念して、写真展「ブログの友達!写真展」を開催されま~す!
  ★日 時:2007年12月1日(土)〜9日(日)11:00〜19:00
  ★場 所:大阪梅田「ギャラリー アルテ スパーツィオ
〒530-0002 大阪市北区曽根崎新地2-1-13巽住宅梅田ビル302号
TEL&FAX06-6344-4885   
  ★費 用:入場無料

 namazuさんが、ブログ仲間に声をかけて集まった写真を展示するという、ブログ友達の輪による写真展です。
 実は、私にも声をかけてくださったんです。
 私の写真でいいのかな?
って、ちょっと恥ずかしいかなとか想ったんですが、
ありがたく展示していただくことになりました(^_-)-☆
 ちょっとどきどき、でも、とっても楽しみにしています!

 私も含め、19名のブロガーの方の写真が、今のところ展示されるようです。

 ギャラリーの名前 「アルテスパーツィオ」とは、
  イタリア語でarte(アルテ)は美術。 spazio(スパーツィオ)は空間。
  つまり、「美術空間」
  写真や絵画などに興味のある方が、出会い集う場所になることを願ってつけられたそうです(^.^)

 願いどおり、みんなが出会い、集う場所になりますように。
 今回の展示会もその「一歩」かなと思います。
 大阪ですので、みなさまも、是非、見に行ってくださいね!

 会場までのアクセスは、
  JR大阪駅桜橋口より・・・・・・・徒歩6分(430m)
  JR北新地駅より・・・・・・・・・徒歩2分(100m)
  地下鉄四つ橋線西梅田駅より・・・徒歩2分(100m)
  阪神梅田駅より・・・・・・・・・徒歩5分(360m)
  桜橋交差点角の東京三菱UFJ銀行と吉野家の間を西へ60m。
  アルテスパーツィオの赤い看板が目印です。

 詳しくは、〝ギャラリーアルテ・スパーツィオ〟と 「namazuのブログ」でご覧くださいね!
092tyuozu02_20071122221132.jpg
強調文
 まほろばの国から写真館で、お気に入りの写真を紹介しています!こちらから!
ブログ村!

十三屋わび助の焼き餅

まほろばの国から、旬の奈良を、徒然なるままに
人気blogランキング応援してください!

今日、生駒へ行って丁度、十三屋わび助さんのお店の前を通ったので、
午後からの訪問先への手土産として焼き餅を購入。
あと、子供用に6個入りを買って帰りました。
ここは、上新粉の生地で餡を包んで鉄板で焼き上げた、香ばしい「十三やきもち」で名高いお店です。
もとは大阪の十三(じゅうそう)にあった淀川の渡し場で、400年前から売られていたというお餅だそうです。
この生駒の地に移転してから90年が経ち、今やすっかり生駒の名物となっています。
白とよもぎの2種類があります。
jyusouyakimoti01.jpg

小ぶりなサイズのお餅は、上品な甘さが人気です。
1個70円です。
鉄・生駒駅に隣接する「グリーンヒルいこま」の3階にあります。
生駒駅から生駒ケーブルの鳥居前駅へ行く途中です。

このお店。
小さい頃、母に連れて行ってもらった頃には、生駒の駅前にあったような気がします。
母に、焼きたてのお餅を買ってもらって嬉しかった思い出が(^_-)-☆
さだかではありませんが(^^ゞ
なんかほっこりと温かい気持ちになりました。
手土産に持って行ったところでも、美味しいって!
喜んでいただきました(^_-)-☆
jyusouyakimoti02.jpg


■十三屋わび助
  ★場 所:奈良県生駒市元町1-13-1-303
  ★問合せ:電話番号 0743-73-2255
  ★定休日:木曜 (1日・祝日の場合は営業)
  ★営業時間:9:00~19:00
  ★交 通:近鉄奈良線生駒駅からすぐ


まほろばの国から写真館で、お気に入りの写真を紹介しています!こちらから!
ブログ村!

チロリアンランプ

まほろばの国から、旬の奈良を、徒然なるままに
人気blogランキング応援してください!

今日、お散歩していたら「チロリアンランプ」を見つけました。
このお花は、アブチロンの一種で、アオイ科の植物です。
別名を、「ウキツリボク(浮釣木)」と言います。
aputiron01.jpg

葉は長三角形で、赤い筒状の萼が目立ち、ランプをぶら下げたような姿が可愛いです。
萼の間から黄色の花が少し顔を出して「います。
aputiron02-1.jpg

まほろばの国から写真館で、お気に入りの写真を紹介しています!こちらから!
ブログ村!

ナシのような食感の柿 「太秋」

まほろばの国から、旬の奈良を、徒然なるままに
人気blogランキング応援してね

 「太秋」という柿を食べました。
「普通の柿とは、違った食感で美味しいよ!」
って言われていたんですが、食べてみてびっくり。

すごくジューシー!
まるで梨のようなシャキシャキとした食感です。
甘くて、無茶美味しい(^_-)-☆

しかも、普通の「富有」柿よりも、ふたまわりくらい大きいんです。

インターネットで調べてみたら、甘柿の新品種だそうです。
農林水産省果樹試験場安芸津支場(現果樹研究所ブドウ・カキ研究部)で育成された甘柿の品種で、平成6年8月に「太秋」と命名されたそうです。

インターネットで販売もされているようです。
1個500円以上するみたい(¨;)
kaki01.jpg

果実の表面が傷つきやすくて、見た目が悪くなるらしい。
なるほど。
傷がある方が、糖度が高いそうです。

一回食べてみたら、くせになりそうな食感でした(^_-)-☆

まほろばの国から写真館で、お気に入りの写真を紹介しています!こちらから!
ブログ村!

こだわり欲張りチーズケーキのお店 ten ton(テントン)

まほろばの国から、旬の奈良を、徒然なるままに
人気blogランキングへ

先日。県立医科大学付属病院へ行った帰り。
駐車場から病院への道にチーズケーキの移動販売の車がとまっていました。
どんなケーキかなって思ったら、なんと!
「こだわり欲張りチーズケーキのお店 テントン」さんでした(#^.^#)

「ten ton(テントン)」さんは、お店は無く、発送販売と移動販売やイベントでの出張販売のみをされているチーズケーキが中心のケーキ屋さんです。
 こだわりの味!っていうことで気になっていたんです。

ラッキー!
ということで、期間限定の「バナナのチーズケーキ」と「欲張りチーズケーキ」を買って帰りました。
1ピース300円。
少し、小ぶりですが、すごく濃厚。
とってもこくがあって美味しかったです。
tentoncake01.jpg

期間限定の「栗のミルクプリン」は、売り切れてました。
残念(¨;)

 注文は、テントンさんのホームページのオーダーフォームからできます!  

■こだわり欲張りチーズケーキのお店 ten ton(テントン)
 ★場 所:〒633-0001 奈良県桜井市三輪822-11(製造工房)
 ★問合先:TEL&FAX 0744-60-1449(営業時間12時~19時 定休日/不定休)
 ★全てのケーキは受注生産となっております。
  工房に直接来て頂いてもケーキはございませんので、ご注意ください。
 ★委託販売:米鮨 〒633-0091 奈良県桜井市桜井249-1
          営業時間17時~24時 (ケーキのお渡しは16時より)
          定休日毎週月曜日 TEL0744-45-3730
          (受注受付・商品お渡しのみ。行ってもケーキは買えません。)
★関係HP:ホームページは、こちら! http://www.eonet.ne.jp/~ten-ton/

まほろばの国から写真館で、お気に入りの写真を紹介しています!こちらから!
ブログ村 もクリックしてね!

奈良公園のナンキンハゼ輝く!

まほろばの国から、旬の奈良を、徒然なるままに
人気blogランキング応援してください!

奈良公園のナンキンハゼです。
1108syosou09.jpg

紅葉は、光が一番のともだちです(^_=)
1108syosou10.jpg

あと、青空に映えますね。

まほろばの国から写真館で、お気に入りの写真を紹介しています!こちらから!
ブログ村!

興福寺 慈恩会(じおんね)その2!

まほろばの国から、旬の奈良を、徒然なるままに
人気blogランキング応援してね
興福寺 慈恩会(じおんね)その2!

 興福寺の仮金堂で行われた「慈恩会(じおんね)」とよばれる法会(ほうえ)を引き続きご紹介します。

 「慈恩会(じおんね)」は、慈恩大師さまの正忌日である11月13日に、法相宗の主だった僧侶たちが一堂に会して、中国・唐時代きっての学僧であった慈恩大師の学徳をしのぶために毎年営まれているものです。

 本坊を出発された2番目の行列が、たいまつや提灯で灯りをとりながら仮金堂にこられました。
今回は、かなり大人数です。
この行列には、白い衣装を身にまとい、たいまつを持った方達が、参加しておられます。
五重塔をバックに幻想的な雰囲気に包まれています。
1113jionne40.jpg

青い法衣をつけられた若い(?)僧侶の方は、青い履き物に履き替えられて、お堂に向かわれます。
1113jionne38_20071115005346.jpg

そのあと、オレンジっぽい色の法衣をつけられた僧侶の方が、赤い履き物に履き替えられてお堂に入られました。 
1113jionne39_20071115005401.jpg


私は、子どもの迎えの時間もあり、最初だけ見て帰ったんですが(涙(O.;))

2時間にわたる法要では、ご本尊の前で僧侶の方による散華が行われたようです。
また、論義も行われます。
仏教の学修の方法の1つに論議または問答というものがありますが、これは、経典や論書(お経の注釈書、研究書)のなかの問題について、問答を重ねながら仏説の真意を明らかにしていこうという研究方法です。
対話をとおして、仏陀のサトリというものにせまろうとするものといえます。
2人一組で四人の僧侶の方による番論議が行われたようです。
1113jionne41.jpg


堂内に入って、ほんとうに身近でみせていただくことができるんです!
多くの人が来られているわけでもなく、こんな伝統行事が、さりげなく行われているのが、やっぱり「奈良」だと思いました。

お堂の前には、まだ、履き物が用意されていました。
クライマックスがあるよって教えてもらいました。

来年は、最後まで、是非みて見たいなと思っています。


■慈恩会(じおんね)

★場 所:興福寺 仮金堂 〒630-8213 奈良市登大路町48
★交 通:近鉄奈良駅から徒歩5分
★費 用:無料
★問合先:0742-22-7755(興福寺)
★関係HP:興福寺のサイト http://www.kohfukuji.com/kohfukuji/03_tmpe/ma_sc09.html

まほろばの国から写真館で、お気に入りの写真を紹介しています!こちらから!
ブログ村!

興福寺で慈恩会(じおんね)その1!

まほろばの国から、旬の奈良を、徒然なるままに
人気blogランキング応援してね

11月13日の夜、興福寺の仮金堂で、慈恩会(じおんね)とよばれる法会(ほうえ)が行われました。 
薬師寺と興福寺が1年交代で行われるとのことで、西暦の偶数年は、薬師寺、奇数年は興福寺で行われます。
今年の当番は、興福寺!ということで、夕方からちょこっと見に行ってみました。

「慈恩会(じおんね)」は、慈恩大師さまの正忌日である11月13日に、法相宗の主だった僧侶たちが一堂に会して、中国・唐時代きっての学僧であった慈恩大師の学徳をしのぶために毎年営まれているものです。
 慈恩大師(632~682)さまは、私たちの心の実態を如実に説く法相(ほっそう)の教えを組織大系化して法相宗の宗祖としてあがめられています。
 堂内では、ご本尊さまの前に慈恩大師の画像がかけられていました。
1113jionne11.jpg

法会の行われる仮金堂の前では、篝火が焚かれていました。
布で作られた「門」のようなものがあります。
1113jionne02.jpg

お堂の前では、赤色や緑色の履き物が並べられていました。
法師さま達が、ここで、この履き物に履き替えられて法会に向かわれるようです。
1113jionne10.jpg

本坊を出発された僧侶の方達は、提灯や松明の灯りとともに仮金堂まで行列で来られます。
僧侶の方は、両方のお寺から来ておられるそうです。

大仏殿の紅葉すすむ

まほろばの国から、旬の奈良を、徒然なるままに
人気blogランキング応援してください!

奈良公園では紅葉が少しずつすすんでいます。
東大寺の大仏殿の鏡池もだいぶ色づいてきました。
1108syosou21.jpg

こんな真っ赤に色づいた木も見られます。
日の光が当たると、鮮やかです!
1108syosou31.jpg

大仏殿の横から鐘楼の方へあがっていく石段の横の紅葉です。
1108syosou29.jpg

東大寺の大仏殿を鏡池から望みます。
定番の撮影スポットです。

奈良公園正倉院と大仏池の銀杏

まほろばの国から、旬の奈良を、徒然なるままに
人気blogランキング応援してください!

正倉院展が開催中の奈良公園(2007.11.08撮影)。
正倉院「正倉」外構が、公開されています。
詳細は、こちらから!
普段から、月曜日から金曜日まで(休日等を除く)の毎日,午前10時から午後3時まで公開されていますが、正倉院展会期中は、無休で午前10時~午後4時公開。
祝日も公開し,通常より公開時間を1時間延長して公開されていました。
1108syosou37.jpg

大仏池の大銀杏は、少し色づき始めていました。
見頃は、もうすぐです!
見に行けたらいいな。
1108syosou41.jpg

二月堂を望んでみました。
これから、紅葉がどんどん綺麗になるのが、ほんと楽しみです!
1108syosou36.jpg


まほろばの国から写真館で、お気に入りの写真を紹介しています!こちらから!
ブログ村!

大仏殿横の溝川のいきもの。何だろう?

まほろばの国から、旬の奈良を、徒然なるままに
人気blogランキング応援してください!

11月8日、お昼すぎ。
奈良公園を散策していた私。

正倉院と大銀杏を見ようと、東大寺大仏殿の東側の道を歩いていました。
横を流れる小さな川(溝ともいう?)に落ち葉が落ちて、とっても綺麗でした。
1108syosou26.jpg

横を見るとなにやら動くものが。。
あれは何?
なんだろう。。。。
1108syosou22.jpg

甲羅かな。
結構大きいです。
ちょっとアップにしてみました。
1108syosou23.jpg


何かよくわからないんです。。。
あんまり、動物のことしらない私。。。
ご存じの方は、教えてください。

そのまま、見ていたら、泥の中にどんどんともぐりこんで行くんです。
川底の木の枝を立てさせて結構すごい勢いかも。

奈良公園の浮雲園地のナンキンハゼ見頃!

まほろばの国から、旬の奈良を、徒然なるままに
人気blogランキング応援してください!

正倉院展が開催中の奈良公園でナンキンハゼが見頃です! (2007.11.9撮影)
1108syosou04.jpg

特に、浮雲園地のナンキンハゼが、陽の光をあびて輝いていました。
1108syosou06.jpg

これからどんどん色づいていくのが楽しみです!
1108syosou12.jpg

春日野園地は、遠足の子ども達でいっぱい。
青空に映えて、緑と色づきはじめた木々が綺麗でした。

まほろばの国から写真館で、お気に入りの写真を紹介しています!こちらから!
ブログ村!

正倉院展で秋のなら燈花会 

まほろばの国から、旬の奈良を、徒然なるままに
人気blogランキング応援してください!

正倉院展が開催中の奈良国立博物館。
毎日、早朝より、長蛇の列です。
8日のお昼に行ってみた時は、すごい人。
30分待ちという看板があがっていました。

そんな奈良国立博物館で、秋にも燈花会ということで、11月9日(金)・10日(土)の2日間限定で、「なら燈花会 in 正倉院展」が開催されるということで、昨日9日(金)、夕方から、見に行ってみました。
1109syousouintoukae11.jpg

今年は、オータムレイトというお得な当日券が販売されています。
閉館の1時間30分前以降に販売する当日券は、大人が700円とお得な料金です!
丁度行った時は、列も無く、そのまま入れたので、オ-タムレイトで正倉院展を見ました。
その後、燈花会を堪能しました(^_-)-☆
旧館を望みます。
1109syousouintoukae14.jpg

奈良国立博物館の新館の前庭が、蝋燭の光に照らされて幻想的な雰囲気に包まれていました。
秋篠宮様が、来られるということで、ちょっといつもとは違った雰囲気でした。
1109syousouintoukae10.jpg


なら燈花会 in 正倉院展の紹介は、こちらから!

まほろばの国から写真館で、お気に入りの写真を紹介しています!こちらから!
ブログ村!

唐招提寺金堂 平成の大修理 天平の甍復活! その3

まほろばの国から、旬の奈良を、徒然なるままに
人気blogランキング応援してください!

平成の大修理の行われている唐招提寺で金堂の見学会の最終エントリーです。

今回の「平成の大修理」の見学の目玉は、なんと言っても「隅鬼」です。

この「隅鬼」は、軒下の隅尾垂木と隅木に挟まれた部材に施された鬼型の彫刻です。

「邪心を持った者は建物に近づくな、清らかな心で参拝せよ」と四方に告げているとか。
1200年あまり、屋根をしっかりと支えてくれています。
その表情も、笑っているような、睨んでいるような。
とても不思議な感じです。

隅鬼は、尾垂木があるために、足場がなくなると地上からは、もう目にすることはできません。
「撮影した写真は個人で楽しむ範囲に留めて下さい。」
ということなので、残念ながら、写真は、掲載しないことにします。
唐招提寺2010プロジェクトのページの一番下の方に、
はずされた軒下四方の隅鬼の写真をみることができます。
こちらからご覧ください!


隅鬼のある金堂四隅の降り棟の先には、元禄時代の鬼瓦が取り付けられています。
隅鬼も、それぞれ違いましたが、鬼瓦もそれぞれ表情が違うように思います。
onigawara04.jpg

瓦の横には、元禄時代に焼かれたものだという記載がありました。
onigawara08.jpg

「天平の甍(いらか)」と呼ばれる美しい大屋根と鬼瓦を身近にみれて、ほんと行って良かったです!
onigawara03.jpg



■唐招提寺
 ★場 所:奈良市五条町13-46
 ★公 開:8:30~17:00(受付は16:30まで)
 ★交 通:近鉄西ノ京駅徒歩約7分
 ★費 用:拝観料 大人600円 中・高400円 小200円
 ★関係HP:http://www.toshodaiji.jp/

まほろばの国から写真館で、お気に入りの写真を紹介しています!こちらから!
ブログ村!

 唐招提寺金堂 平成の大修理 天平の甍復活!その2

まほろばの国から、旬の奈良を、徒然なるままに
人気blogランキング応援してください!

平成の大修理の行われている唐招提寺で金堂の見学会の第2弾です。

今回の「平成の大修理」では全体の8割の瓦を入れ替えられました。

創建当初の約100枚など古い瓦は、東側に集めて再利用されています。
これが、創建当時の瓦です。
onigawara16.jpg

新しい瓦です。
onigawara10.jpg

平瓦も展示されていました。
平瓦と丸瓦が上手く使われています。
onigawara12.jpg


■唐招提寺
 ★場 所:奈良市五条町13-46
 ★公 開:8:30~17:00(受付は16:30まで)
 ★交 通:近鉄西ノ京駅徒歩約7分
 ★費 用:拝観料 大人600円 中・高400円 小200円
 ★関係HP:http://www.toshodaiji.jp/

まほろばの国から写真館で、お気に入りの写真を紹介しています!こちらから!
ブログ村!

京都タワーと夕景

まほろばの国から、旬の奈良を、徒然なるままに
人気blogランキング応援してね

京都へお出かけした帰りに、京都駅ビルでクリスマスツリーを見た時、ちょうど、綺麗な夕景をみることができました。
丁度、京都タワーを望んで。
1102kyoto01.jpg

西の空が赤く色づいて。
1102kyoto03.jpg

雲と空がきれいで。
とっても、幸せな気持ちになりました(^o^)
1102kyoto02.jpg


まほろばの国から写真館で、お気に入りの写真を紹介しています!こちらから!
ブログ村!

京都駅ビル ビッグクリスマスツリー!

まほろばの国から、旬の奈良を、徒然なるままに
人気blogランキング応援してね

先週になりますが、11月2日(金)。
京都へお出かけした帰りに、京都駅ビルに行ってみました。
クリスマスイルミネ-ションが、ほぼ完成!
とっても綺麗な巨大なクリスマスツリ-を見ることができました!
1102kyototree07.jpg

11月4日(日)に『京都駅ビルクリスマスツリー点灯式』が行われるということで、まだ、ちょっと作業中でした。
でも、高さ22mのクリスマスツリーは、試験点灯されていて無茶綺麗でした!
ツリーの前には、舞台もつくられていて、これも、良い雰囲気でした。
1102kyototree08.jpg

エスカレーターで上っていくところから撮ってみました。
まだ、電灯の取り付け作業中です。
Yの文字が。。。
1102kyototree01-3.jpg

それにしても寒かったですが(^^ゞ

2005年のクリスマスツリーは、こちらでご覧下さい!

まほろばの国から写真館で、お気に入りの写真を紹介しています!こちらから!
ブログ村!

唐招提寺金堂 平成の大修理 天平の甍復活!

まほろばの国から、旬の奈良を、徒然なるままに
人気blogランキング応援してください!

平成の大修理の行われている唐招提寺で金堂の見学会が行われたので、11月4日ちょこっと行ってきました。

2000年から解体修理が行われている金堂ですが、2007年8月24日に平成の鴟尾が金堂の屋根に載せられ、平成17年から組み立ててきた建物がほぼ完成したそうです。
年内に素屋根の解体が始められことになっていて、大きな屋根や瓦、隅鬼間近に見ることができるのは、これが最後!
ということなので、これは、見なきゃ!(笑)
ということで行ってきました(^_-)-☆
実は、毎年、この公開だけはなんとか行ってます(^^)

まず、鴟尾をご紹介です。
修復された屋根には新しい鴟尾が付けられていましたが、建物の前には、解体修理の鴟尾が置かれていました、奈良時代と鎌倉時代のものです。

解体前の鴟尾。
奈良時代のもので、歴史を感じます。
ほんとずっと奈良をずっと見守ってくれていたのかなと思います。
1104yane02.jpg

新旧の鴟尾を比べてみます。
1104yane03.jpg

天平の甍復活です!
人が多いのと場所的に全景は、なかなか綺麗に撮れないですが、雰囲気だけでも。
1104yane01.jpg


今回の目玉の隅鬼や瓦については、次回にご紹介!

■唐招提寺
 ★場 所:奈良市五条町13-46
 ★公 開:8:30~17:00(受付は16:30まで)
 ★交 通:近鉄西ノ京駅徒歩約7分
 ★費 用:拝観料 大人600円 中・高400円 小200円
 ★関係HP:http://www.toshodaiji.jp/

まほろばの国から写真館で、お気に入りの写真を紹介しています!こちらから!
ブログ村!

dining bar 雷来でランチ!

まほろばの国から、旬の奈良を、徒然なるままに
人気blogランキング応援してください!

先週の金曜日(^^)
朝8:45からお勉強会。
午後からの会議の間をぬって(^_-)-☆
ランチタイムは、貴重な自分のための時間\(^^@)/

ということで、ダイニングバー「雷来(らいらい)」に行ってきました。

私は、「ヘ ルシープレート」が
おきにいり(^_-)-☆
豆腐、野菜、五穀米などを使った彩り豊かな八品ほどが入った雷来の人気メニューです。
950円です。
まず、みずみずしいサラダです。
1101rairai02.jpg

小鉢のいろいろなお料理が、ステです。
美味しいし(^_-)-☆
1101rairai01.jpg


■雷来(らいらい)
 ★場 所:奈良市小西町1-5
       TEL:0742-27-2710
 ★営業時間:11:30~15:00(14:30LO)、17:00~翌0:00(23:00LO)
 ★お休み: 無休
★交 通:近鉄奈良線近鉄奈良駅 徒歩3分
 ★関係HP:雷雷のHPはこちら! 


まほろばの国から写真館で、お気に入りの写真を紹介しています!こちらから!
ブログ村!

「光泉洞寿み」でほっこりお昼ご飯!

まほろばの国から、旬の奈良を、徒然なるままに
人気blogランキング応援してください!

昨日は、お仕事で京都へ!
ほんとうに久々の京都です。
お仕事は、1時にアポ。
どこかでお昼ご飯を食べて、というスケジュ-ルです。

それで、奈良と京都の名所や美味しいものをすっごく良く知っておられるよりりんさんに教えてもらって、「光泉洞寿み」に行ってきました。
よりりんさん
からは、いろいろなお店を教えていただいたのですが、ちょっとここ数週間。
無茶ハ-ドでお疲れモ-ドだったので、ほっこりできる町家でおばんざいをいただけるということで、このお店に予約していきました(^_-)-☆

11:30開店と言うことだったのですが、少し早く着いたのでお店をのぞいたら、快く迎えてくださいました(^_-)-☆

お店は、明治38年にたてられた、本当の京町屋をできるだけ変えずにそのまま使っておられるとのことです。
間口は、3間、表は中二階,奥は本二階の建物です。
1102kousen01.jpg

表には、ショーウィンドウがあって、綺麗なお花と日替わりが飾ってありました。
今日は、生麩田楽付き定食を頼みました
その日の日替わりに、麩嘉の生麩が2色と自家製のパウンドケーキがつきます。
今日のメインは、肉ダンゴと白菜のスープ煮です。
生麩は、私の大好きな「麩嘉」の粟麩、蓬麩で、甘めの柚子味噌でいただきます。
ご飯は、麦黍入りのご飯で、ヘルシ-です。
ちなみに、生麩田楽定食1680円。日替わり定食900円です。
1102kousen03.jpg

ケ-キは、紅芋とアップルからチョイスできます。
お茶は、少し変わった口当たりでした。
1102kousen04.jpg

聞いてみたら、「一保堂」さんのいり番茶だそうです(^_-)-☆
なかなかおつな、おいしいお茶でした。

お料理は、おいしいし、とってもヘルシ-です(^_-)-☆
とってもほっこりた時間を過ごさせていただきました。

こんな素敵なお店を教えていただいた、よりりんさんに感謝!
です。
よりりんさんの光泉洞寿みさんを紹介された記事は、こちら!


■光泉洞寿み(こうせんどうすみ)◆
 ★場 所:京都市中京区姉小路堺町東入る2軒目南側
 ★問合せ:075-241-7377(予約がおすすめ)
 ★営業時間:11:30~16:00(L.O.15:30) 日・祝定休
 ★交 通:地下鉄「御池駅」下車、徒歩約5分
 ★お店のHPは、こちら!


まほろばの国から写真館で、お気に入りの写真を紹介しています!こちらから!
ブログ村!

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。