まほろばの国から

大和は国のまほろば    奈良大好きtomoが見つけた旬の奈良などの情報を徒然なるままに!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

橘寺の初冬の花々

まほろばの国から、旬の奈良を、徒然なるままに
人気blogランキング応援してください!

橘寺の境内でさまざまなお花が咲いていました(11/23訪問)。

まず、石蕗(つわぶき)の花です。
黄色い花が、目をひきます(^_-)-☆
石蕗は、葉につやがあるフキという意味の「艶蕗(つやふき)」がなまって「ツワブキ」になったといわれています。
若い葉柄は、フキと同じように、ゆでて食べられるそうです。
葉は民間薬として、生のままあぶって、はれ物や湿疹に貼ります。
何となくこの花は、しっとりとしてこのお寺にあっているなと想いました。
1123tuwabuki01.jpg

ダリアの花が綺麗でした(^_-)-☆
1123daria01.jpg

小紫の実も鈴なりになっていました。
1123murasaki01.jpg


■橘寺
 ★場 所:高市郡明日香村橘532
 ★問合せ:0744-54-2026


まほろばの国から写真館で、お気に入りの写真を紹介しています!こちらから!
ブログ村!

1123tuwabuki02.jpg
スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://nukata.blog27.fc2.com/tb.php/1170-a84f299d
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。