まほろばの国から

大和は国のまほろば    奈良大好きtomoが見つけた旬の奈良などの情報を徒然なるままに!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

甘樫丘東麓遺跡で蘇我父子邸宅の石垣が発見

まほろばの国から、旬の奈良を、徒然なるままに
人気blogランキング応援してね

明日香村にある甘樫丘東麓遺跡で、蘇我父子邸宅の石垣が見つかり、現地見学会が6月21日(日)に行われました!

621amagasi05.jpg

毎日新聞によると

邸宅を防御する目的で築かれたとみられる石垣=奈良県明日香村で 7世紀前半に権勢を誇った蘇我蝦夷(そがの・えみし)・入鹿(いるか)父子の邸宅があったとされる奈良県明日香村の甘樫丘東麓(あまかしのおかとうろく)遺跡で、邸宅を防御するために築かれたとみられる石垣が見つかった。17日に発表した奈良文化財研究所によると、石垣は07年に15メートル見つかっており、今回の発見で総延長34メートルになった。

 石垣は、幅約8メートルのくぼ地に河原石(20~40センチ)を高さ約1メートルまで積み上げ、北西から南東方向に築かれていた。日本書紀には、蘇我氏の邸宅が644年に「家の外に城柵(きかき)を作り」とあり、石垣は「城柵」の一部とみられる。

 奈文研によると、石垣は650~660年に造成で埋められたとみられ、蝦夷・入鹿父子が大化の改新の始まりとされる乙巳(いっし)の変(645年)で滅ぼされた時期と一致する。



現地説明会が終わってしまっていたので、遺跡はシートで覆われていました。
残念(^_^;
621amagasi02.jpg

石垣のあとかなぁ、、
621amagasi04.jpg


紫陽花の花越しに発掘現場を望みます。
621amagasi03.jpg


まほろばの国から写真館で、お気に入りの写真を紹介しています!こちらから!
ブログ村!

621amagasi01.jpg
スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://nukata.blog27.fc2.com/tb.php/1467-abc63528
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。