まほろばの国から

大和は国のまほろば    奈良大好きtomoが見つけた旬の奈良などの情報を徒然なるままに!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

万葉の明日香路に月を観る会 風舞台のステージで

まほろばの国から、旬の奈良を、徒然なるままに
人気blogランキング応援してね

中秋の名月の10月3日。

万葉の明日香路に月を観る会。
国営飛鳥歴史公園石舞台地区「あすか風舞台」では、さまざまなイベントが行われていました。

5時からは、地元の幼稚園の園児によるわらべ太鼓の演奏。
万葉の語り部として、同志社女子大学名誉教授 瀧谷寿先生が「藤原道長と満月」と題して講演を行われました。

1003asuka13_20091006163853.jpg

その後、古代の心を伝える八雲琴の演奏。
明日香の響保存会の方が演奏してくださいました。

明日香村伝承芸能保存会のホームページによると、
http://asukakyo.jp/cm/densyo/densyougeinou.html

八雲琴は二弦琴とも言い、古く古事記にも記されているスサノオノミコトが持っていた「天の沼琴」をもって発祥とされています。

飛鳥寺の長老であられた故山本雨宝(震琴)師は、八雲琴の演奏者として国の無形文化財の指定を受けておられ、生涯長きにわたり八雲琴を保存伝承され、口伝であったたくさんの曲を採譜し、また神前楽器であったこの琴を広く東洋音楽として紹介されました。

そのわが国特有の貴重な弦楽器にのせて、「明日香の響保存会」により、古代万葉の心、あすかの響きを奏でておられます。


雅な琴の音色が会場に響き渡りました。

1003asuka07-1_20091006163855.jpg

その後は、村内の中学生による飛鳥太鼓の演奏です。

1003asuka09-4_20091006163854.jpg


飛鳥太鼓の勇壮な演奏。
飛鳥太鼓は、今年で結成15年を迎え、村内外のイベントで公演を行っておられます。

1003asuka11_20091006163854.jpg

この後は、ヴァイオリニスト功刀丈弘氏のコンサートが行われました。
時間が無かったので、後ろ髪をひかれながら会場を出ました。

1003asuka10_20091006163855.jpg



■第42回万葉の明日香路に月を観る会
 ☆実施日時:平成21年10月3日(土)午後5時~午後8時(予定)
 ☆実施場所:国営飛鳥歴史公園石舞台地区「あすか風舞台」
 ★小雨決行 
 ★費 用:参加無料・参加自由(芝生自由席)

まほろばの国から写真館で、お気に入りの写真を紹介しています!こちらから!
ブログ村!



スポンサーサイト

-2 Comments

hirosi says...""
あれから行かれたんですね。タフですね!!
飛鳥から見る満月、幻想的で特別な感じがしますね。
私は、4日の日に家から満月を眺めてました。
2009.10.07 21:32 | URL | #6kDLJMEY [edit]
tomo says..."hirosiさん"
(*^_^*)
ρ(⌒◇⌒)ノ.はーいっ
帰り道にちょこっとだけ寄りみちしました。
と言っても、家のこともあるので、会場には1時間もいずに帰りました。
満月は、綺麗ですね(^_-)-☆
2009.10.08 22:42 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://nukata.blog27.fc2.com/tb.php/1618-6e51f855
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。