まほろばの国から

大和は国のまほろば    奈良大好きtomoが見つけた旬の奈良などの情報を徒然なるままに!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

巣山古墳の斜面にびっしりと「葺石」が!

大和は国のまほろば。。。
 まほろばの国から、旬の奈良を、徒然なるままに


にほんブログ村 ポータルブログもクリックしてね!

広陵町三吉の特別史跡の前方後円墳、巣山古墳で、墳丘斜面の装飾や保護のために石を張り付けた「葺石」が長さ約100メートル、幅約3メートルにわたって出土したそうです。
 葺石は古墳によくみられるようですが、これだけまとまって発掘されるのは珍しいという。


広陵町三吉の特別史跡・巣山古墳(前方後円墳、4世紀末~5世紀初め)の前方部の墳丘すそ部から、長さ100メートルにわたって斜面に敷き詰められた葺(ふき)石が見つかった。19日発表した同町教委は「全長200メートルを超える巨大古墳で、葺石が100メートルも検出するのは例がない」と話しており、古代の権力の大きさをほうふつさせる内容。石を敷き詰める基準となる石列が縦横に並べられており、葺石の造成方法もよく分かるという。

 葺石は墳丘の斜面が崩れるのを防ぐために、多くの古墳で敷き詰められている。巣山古墳は全長220メートル、後円部の直径130メートル、前方部の幅112メートル。護岸工事のため、古墳北側にある前方部正面を約500平方メートル調査。こぶし大から人頭大の葺石が幅3メートル、長さ100メートルの範囲で敷き詰められていた。

 葺石は二上山から採取した安山岩。斜面の横方向には長さ約30センチの石が2列、斜面の底と中央に並べられ、縦方向には長さ約20センチの石が約3~1メートル間隔で54列並べられていた。同町教委は、石の列で斜面を縦横に区画割りしてから、区画ごとに葺石を敷き詰めたとみている。

 墳丘斜面の途中部分は奈良時代に削られて水田に造成されていた。同町教委では、余った土が斜面の底に捨てられたため、葺石がよく保存されたとみている。【大森顕浩】毎日新聞 2006年1月20日

 

現地説明会は、1月22日(日)午前11時から午後3時まで

まほろばの国から、旧館はこちら!

人気blogランキングクリックして応援してください!


スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://nukata.blog27.fc2.com/tb.php/17-074f2ba9
安山岩安山岩(あんざんがん、andesite)は、火山岩の一種。深成岩の閃緑岩に対応する。火山岩は岩石全体の成分(特にSiO2の比率)で分類され、安山岩はSiO2が53~63%でアルカリ成分の少ないもの。通常は斑状組織を持つ。色は灰色っぽいことが多いが、噴出条件や結晶度など
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。