まほろばの国から

大和は国のまほろば    奈良大好きtomoが見つけた旬の奈良などの情報を徒然なるままに!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あーとさろん宮崎 今井章仁 錫器展開催中!

 江戸末期の町家を利用したギャラリー「あーとさろん宮崎」さんで、今井章仁さんの錫器展が開催されています。

627art01.jpg


 錫の器は大好きで、あーとさろん宮崎さんで、何度か企画展を見せていただいていたのですが、今井章仁さんの展示会が初めて開かれるということで楽しみに行ってきました(*^。^*)

627art02.jpg

この色紙に書かれた「錫」の文字も素敵だなと。

627art03.jpg


あーとさろん宮崎さんのHPでは、このすばらしい企画展をこんな風に紹介されています。

シャープなフォルムを表面に残る美しい槌目がほわりと包んで、金属的で無機質なはずの素材が柔らかく優しい雰囲気を醸し出します。
お酒の味が一等級上がる…などと言われる錫の器ですが、ビールを飲んでも、日本酒を飲んでも、もちろん普通のお水でも、口当たりがまろやかになるように思います。

627art04.jpg


また、とても熱伝導がいいので、ほんの少し氷水の中に沈めておけば器それ自体もキンキンに冷えて、それを持つ手も、唇も、ずーとひんやり。まさに、器もごちそう!

627art05.jpg

暑い夏にはピッタリです。(逆に熱いものは、本当にアツアツになるので要注意/持てません) 
また、お酒を入れ酒器ごと氷の入った器に入れればあっという間にいい具合の冷酒に。

627art07.jpg


もちろん、花器や水注などにもいい効果がありますし、錫独特の色や輝き、質感、風合いは食卓を彩る食器にも効果的で、食材や食べ物が華やかに見えます。


627art09.jpg


重曹で軽く磨けばもと通りのピカピカに戻り、お手入れも手軽。何より丈夫なのも魅力の一つ。


暑い夏を控えて、見た目も、持った手も、ひんやり涼しげな錫の器をぜひこの機会に!

以上は、あーとさろん宮崎HPより引用させていただきました。

627art06.jpg


 あーとさろん宮崎さんには、もともと中庭だった場所を改造して創られた庭があり、季節を感じられます。

 今日は、田植えを終えられたばかりの水をたたえた小さな田んぼがとても素敵でした。

627art07_20130629011225.jpg


蓮(大賀蓮)も蕾がふくらんできていて、咲くのが待ち遠しい。

627art08_20130629011229.jpg

☆★今井章仁 錫器展
 ★期 間:6月26日~7月7日
 ★時 間:午前10時~午後6時(定休日:月曜日)
 ★住 所:630-8301 奈良県奈良市高畑町812
 ★問合せ:0742-23-2588
 ★駐車場:2台
 ★アクセス:近鉄およびJR奈良駅下車
  奈良交通バス市内循環外回り破石(ワリイシ)町下車、徒歩数分
 ★H P:http://www1.kcn.ne.jp/~art-miya/index.htmlko

スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://nukata.blog27.fc2.com/tb.php/2423-67d9c1ad
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。