まほろばの国から

大和は国のまほろば    奈良大好きtomoが見つけた旬の奈良などの情報を徒然なるままに!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

修二会のはじまり

大和は国のまほろば。。。
 まほろばの国から、旬の奈良を、徒然なるままに


人気blogランキングへ にほんブログ村!
■東大寺二月堂修二会(お水取り・お松明)のはじまり
二月堂での修二会は、天平勝宝四年(752年)に始められたとされますが、二月堂は東大寺が兵火に巻き込まれ時も罹災を免れ、また江戸時代の寛文年間に、二月堂そのものが火災にあった時も三月堂を使って勤めたといいますから、今日に至るまで一度も途絶えることなく続いてきたことになります。このことによって「不退の行法」と称せられることもあります。
二月堂

東大寺のHPには、東大寺二月堂修二会の草創について、次のとおり紹介されています。

○修二会草創
『二月堂縁起』は修二会の始まりを次のように紹介しています。
「天平勝宝三年辛卯十月、実忠和尚(じっちゅうかしょう)、笠置寺の龍穴より入て、北へ一里ばかりを過(す)ぐるに、都率(とそつ)の内院なりけり。四十九院、摩尼宝殿を巡礼す。其内、諸天衆(てんじゅう)集て、十一面悔過(けか)を勤修(ごんしゅ)する所あり。常念観音院と云う。聖衆の行法(ぎょうぼう)を拝して、此の行(ぎょう)を人中に摸して行うべき由(よし)を伺(うかがう)。聖衆告(つげ)て曰(いわ)く。此の所の一昼夜は、人間の四百歳にあたる。然(しから)ば行法の軌則(きそく)、巍々(ぎぎ)として千返(せんべん)の行道(ぎょうどう)懈(おこた)らず。人中の短促(たんそく)の所にては更(さら)に修めがたし。また、生身の観音をばましまさずば、いかでか人間すべからく摸すべきと云う。和尚重て申(もうさ)く。勤行(ごんぎょう)の作法をば急にし、千返の行道をば、走りて数を満つべし。誠を致(いたし)て勧請(かんじょう)せば、生身何ぞ成給はざらんとて、是を伝えて帰りぬ。」

行法の伝授を請う実忠の懇願にもかかわらず、都率の天衆は、「この天の一昼夜は人間界の四百年にも及び、行法のきまりは厳しく、日々千返の行道を怠ることなく勤めなくてはならない。時間に限りのある人間の世のこと、到底この行法を修めることはかなわぬ。」と実忠を諭(さと)します。
「ましてや、生身の観音を本尊となさねばならず、人間の手によってこの行法を全うすることはかなわない。」と

しかし実忠は諦めませんでした。「人間界の時が天界の時に及ばぬというのであれば、勤行(ごんぎょう)は調子を速め、行道の回数は走ってでも数を満たそう。生身の観音菩薩とて誠を尽くして請い願えば、たまわらないことがあろうか。」 

かくして行法は伝えられ、次に『二月堂縁起』は生身の観音の勧請(かんじょう)の段となります。
「実忠和尚、摂津国難波津に行て、補陀洛山(ふだらくせん)にむかひて香花をそなへて海にうかべ懇請(こんぜい)をぬきいでて祈精勧請(かんじょう)す。かの閼伽(あか)の器はるかに南をさして行きてまた帰り来る。かくする事百日ばかりを経て、つゐに生身の十一面観音まのあたり補陀洛山より閼伽の器に乗りて来給へり。和尚(かしょう)是を当寺の羂索院に安置し奉る。今は二月堂という。」

翌天平勝宝四年二月、実忠は生身の観音の御前にて二七ヶ日夜六時の行法を修し、以後大同四年にいたるまで六十回になんなんとする参籠を数えたと縁起は述べています。天平勝宝四年といえば四月に大仏開眼供養会が挙行された年、くしくも我が国に仏教が伝わって二百年目とされる年でした。



まほろばの国から、旧館はこちら!
スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://nukata.blog27.fc2.com/tb.php/33-b31cebc5
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。