まほろばの国から

大和は国のまほろば    奈良大好きtomoが見つけた旬の奈良などの情報を徒然なるままに!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お水取り試別火(ころべっか)はじまる

大和は国のまほろば。。。
 まほろばの国から、旬の奈良を、徒然なるままに

人気blogランキングへ にほんブログ村もクリックしてね!

昨日、2月20日、東大寺二月堂の修二会で参籠する練行衆が、戒壇院内の別火坊に入り、「試別火(ころべっか)」と呼ばれる前行を始められました。

別火坊に入る練行衆の方の写真が、読売新聞のサイトで紹介されています。

 最高責任者として法会を統括する「大導師」を初めて務める筒井寛昭・庶務執事は15日に別火坊に入っており、この日は残る10人が雨の中、次々に別火坊へと入り、浄水で体や持ち物を清めるなどした。
 28日に二月堂下の参籠宿所に移るまで、声明の練習や本行で使う道具の準備などを行う。(2006年2月21日 読売新聞)

二月堂
朝日新聞のサイトでは、無言で別火坊に入るの方の写真が紹介されています。

10人の練行衆が20日夜、東大寺戒壇院の庫裏にある「別火坊」に入った。試別火(ころべっか)の始まりだ。26日に始まる総別火(そうべっか)まで、声明やほら貝のけいこを繰り返すなどして心身の準備を整える。
 10人は、練行衆に戒を授ける和上の上野道善・真言院住職ら。新職の大導師として15日から別火入りしている筒井寛昭・龍松院住職とともに行に励む。
 試別火中は、仏前に供えるツバキの造花のこしらえや、翌年以降の修二会に用いる紙の着物「紙衣(かみこ)」の生地づくりなど、行に用いる品物の支度も自分たちで進める。

まほろばの国から、旧館はこちら!
スポンサーサイト

-2 Comments

JK says..."リンクはらせていただきました"
「いにしへ長屋」の修二会の文章内に、こちらへのリンクをはらせていただきました。事後連絡ですいません。
とうとうこの時期が来たぁ~、とじわじわと幸せを感じております。
2006.02.21 20:19 | URL | #/pdu0RA. [edit]
tomo says..."コメントありがとうございます!"
いよいよお水取りの本行です(*^_^*)
寒いし、なかなか行けませんが。。。
今年こそ(^_-)-☆
2006.02.28 01:11 | URL | #0VjAYkvw [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://nukata.blog27.fc2.com/tb.php/37-a49f0652
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。