まほろばの国から

大和は国のまほろば    奈良大好きtomoが見つけた旬の奈良などの情報を徒然なるままに!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大和神社

まほろばの国から、旬の奈良を、徒然なるままに
人気blogランキング応援してください!

大和神社の続きです。
大和神社は、日本最古の神社であると言われています。
「二の鳥居」をくぐり、更に奥(西)の方に進むと「拝殿」が見えます。
「拝殿」の奥に「本殿」が建っています。
0131yamato06.jpg

「拝殿」の横から「本殿」を写してみました。
本殿は宮中三殿式といわれる特異な造りで、三つの社からなっています。
祭神が、それぞれの社に祀られ、中央には、大和大国魂神、右側に、八千戈大神、左側に、 御歳大神が祀られています。
でも、写真ではわからないです(ノ_<。)
0131yamato15.jpg

まほろばなる大和平野に長い森を列ねて鎮座する神々の主神は、崇神天皇6年まで皇居内に祀られていた日本の大地主の神と言われています。
この神が大和明神として交易、農業、工業、商業等、産業の啓発と繁栄を司り、式内明神大社として祭られたそうで、四海平穏に、国内諸業を繁栄させ、国民をお守りくださる御神徳は、伊勢神宮と並ぶものです。

拝殿の入り口にいます狛犬です。
0131yamato08.jpg

往時、わが国に文化をもたらした遣唐使に御守護を賜り、交易、学問を勧める神様としても崇められ、人々の参拝も繁かったようで、万葉集には「好去好来之詩」として数多くうたわれています。
ですが、今は、ひっそりとした佇まいで、あまり参拝する人も多くはないようです。

右側の狛犬は、こちら!

0131yamato07.jpg


「戦艦大和」には、大和神社の分霊が祀られていたそうです。
0131yamato11.jpg



■大和神社
 ★場 所:〒632-0057 天理市新泉町306番地
 ★問合せ:TEL 0743-66-0044
 ★交 通:JR線(桜井線)長柄駅から徒歩で約5分
       天理-大和神社前(約10分)(桜井駅行きバス)
       桜井-大和神社前(約20分)(天理駅行きバス)
       大和神社前から徒歩5分 
 ★関係HP:http://www5.plala.or.jp/ooyamato/

まほろばの国から写真館で、お気に入りの写真を紹介しています!こちらから!
ブログ村!
スポンサーサイト

-8 Comments

がんさん@大和の国 says..."やはり"
ご祭神(大和大国魂神)は大和の大王ニギハヤヒだ…。
八千戈大神は素戔嗚尊の別名。
因みにニギハヤヒはスサノオの第5子。
そして、御歳大神はニギハヤヒの末娘ミトシ。
初代天皇と言われている神武天皇はそのミトシの所に入り婿として日向から来たイワレヒコであるという説があります。
2008.02.14 09:06 | URL | #rrddTEsY [edit]
かずぼん says..."狛犬の話だけど"
日本の狛犬って片方が口を明けていてもう片方は口を明けてませんよね(これを阿吽という)。
中国では狛犬は両方とも口をあけているんですよ。そして片方は玉をふんでいて(こちらがオス)もう片方が子供を踏んでいる(こちらがメス)だそうです
2008.02.17 21:11 | URL | #JalddpaA [edit]
tomo says..."がんさん!"
コメントありがとうございます!
そうです(^^)
神武天皇を祀った神社です。

この神社は、私が良く行く長岳寺と縁が深いようです。
とても興味ぶかいです。
2008.02.19 23:52 | URL | #0VjAYkvw [edit]
tomo says..."かずぼんさん!"
コメントありがとうございます!
狛犬にもいろんな種類があって、お寺によって特徴がありますね。
フクロウの狛犬のようなものもあります。

中国の狛犬は、玉と子どもをふんでいるんですか・・・
おおおお・。・
2008.02.19 23:55 | URL | #0VjAYkvw [edit]
がんさん@大和の国 says..."え゛っ!"
大和大国魂神が神武天皇(イワレヒコ)ですか?
なんか怪しいな~、その説。
確かにミトシとは関係がありますが、八千戈大神、即ちスサノオとは直接の関係は無いですからね。
ここはスサノオ→ニギハヤヒ→ミトシと連なる血縁者を祀られていると考えた方が自然なように思えます。
全国の主だった神社は記紀成立前後に時の権力者(藤原氏)によってそのご祭神をすげ替えられた所が多いらしいですよ。
何と言っても、イワレヒコは日向の人。
大和の神として祀られるには不自然かと。(大神神社の大国主命も変)
橿原神宮ができたのも明治になってからで、彼を祀る神社は意外に少ないですしね。
てことで、私は大和大国魂神はニギハヤヒであると信じております。
2008.02.20 08:52 | URL | #rrddTEsY [edit]
tomo says..."がんさん!"
コメントありがとうございます!

大和神社の御祭神は、大和大国魂大神、八千戈大神、御年大神とされていますから、がんさんのおっしゃる通りです。大和大国魂大神と八千戈大神は、ともに大己貴神
の異名同神とされていますよね。

舌っ足らずに書いてしまったのですが。
数年前、初めて大和神社に行った時、地元の方で、この神社をいろいろ研究しているという方が話しかけてこられいろいろお話を伺いました。
縁記とかいろいろあるが、本当は、神武天皇を祀っているのだ。日本の祖である神社なんだ。公にはなっていないが。。。と熱く語っておられました。
それを思い出したので(^^)






2008.02.20 23:54 | URL | #0VjAYkvw [edit]
がんさん@大和の国 says..."えっと…"
大己貴神(おおなむちのかみ)は、大国主命の本名なんですよ。
同じ神様でもいろんな呼び名で呼ばれることは多いんですよね。
で、記紀成立前後に八千戈大神が大国主命であると改変されたり、八剣神を日本武尊であるとされたりしました。
ホントはどちらも素戔嗚尊の別名なのですが、日向系の子孫である藤原氏が出雲系の神々(スサノオ、ニギハヤヒ)を歴史から消し去ろうとしてそのようなことをしたと「消された覇王」(↓)には書かれております。(オオクニヌシも出雲系ですが、さほど英雄的ではないので藤原氏は無難な彼にすり替えたのでしょう)
http://item.excite.co.jp/detail/ASIN_4309407358/
また、大和大国魂神と八千戈大神が同一神ならば、同じ場所に重複して祀るというのもおかしな話です。
さらに、日本最古であるのならば、神武天皇では新し過ぎると思います。
「消された覇王」はかなり核心をついていると思いますよ。
2008.02.21 08:31 | URL | #rrddTEsY [edit]
tomo says..."がんさん!"
ありがとうございます(^_-)-☆
いい加減な話を書いてしまって。・・

「消された覇王」。
すっごく興味があるので、昨日本屋さんに行って取り寄せてもらうことにしました(^_-)-☆
楽しみです(#^.^#)
2008.02.23 00:56 | URL | #0VjAYkvw [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://nukata.blog27.fc2.com/tb.php/723-518e8d77
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。